健康ネタ

ナッツの女王と王様

「この言葉に弱いのよね~」

「この言葉が書いてあると気になってしょうがない」

っていうキーワードがそれぞれあると思います。

私は「無添加」「季節限定」「職人」「国産」「蓄光」などに弱いです・・・。

そしてキーワードではないけれど健康ネタ・ダイエットネタの新聞記事・TVの特集なども大好き♪

今、はまっているのがナッツです。


先日も日経新聞でナッツの記事がありました。

・太ると思いがちだけど・・・ナッツは健康食

・1日に食べたい200キロカロリー分のナッツ

食べ方次第で、ダイエット・生活習慣病予防の味方にできる食材

◇ナッツの油は良質な油・・・オレイン酸やαリノレン酸といった、血液をサラサラにする脂肪成分が多く、健康にいい油の代表とされるオリーブ油び組成んび似ている。
オレイン酸は、体脂肪をたまりにくくする働きや、血液中の悪玉コレステロールを減らす作用がある。

◇ナッツは腹持ちがイイ・・・脂質が多く、硬さがあるため自然によくかんで食べるようになり、満腹感が得られやすい。

◇ナッツに多いマグネシウムは、脂肪の吸収を抑える。
重量の6%~10%占める食物繊維には、便通改善作用や血糖値上昇を緩やかにする作用がある。

他にも
・健康的な肌を維持するのに欠かせないビタミンEをはじめ、各種の抗酸化物質を豊富に含んでいることや
・激しい運動や、日光による紫外線の刺激といったストレスの害を防ぐために予防的に食べると、ナッツに含まれる抗酸化物質が、血液ドロドロの原因となる過酸化脂質の生成を防いでくれること
・抗酸化物質は、ナッツの薄皮の部分に多く、アーモンドやクルミなどは薄皮が一緒に食べられていることになり、
クルミの脂肪分は、他のナッツに比べて、酸化されやすいリノール酸の割合が高いが、抗酸化物質の多い薄皮と一緒に食べると、これが酸化防止剤になってくれるなど

ナッツってすばらいい! いいことづくめって思える記事でした。


でもやはり最後に「食べ過ぎると太る危険性がある」って。

そりゃそうだわ。だからあまりナッツを食べないようにしていたところってあるのよね。

◇間食でとるエネルギーとして妥当なのは200キロカロリー程度を1日分として食べると良い。
  ・ナッツ200キロカロリーの目安・・・片手の手のひらに軽く一杯程度
   【アーモンド】 22-25粒(33グラム) 1日に必要なビタミンEがとれる
   【カシューナッツ】22-24粒(36グラム)約2ミリグラムの亜鉛(1日に必要量の約1/4)がとれる
   【クルミ】10-15粒(30グラム)αリノレン酸の量が多く血管を軟らかくする作用があり
        動脈硬化予防効果が期待できる
   【ピスタチオ】47-55粒(33グラム)食物繊維とカリウムが多い。
           コレステロール値を下げる作用についての報告もある


◇食前・おやつの時間といった小腹がすく時間帯に食べると、食事のたべすぎを予防できる
ナッツは持ち運びが便利で、保存性も良いのでバックの中に入れておくと便利
余分な塩分や調味料を加えていない無塩タイプがおすすめ

【2007/09/29 日本経済新聞 NIKKEIプラス1記事より参照】


お友達の旦那様がピスタチオで血中コレステロール値が改善されたと聞き
メタボリック症候群が気になるお年頃の夫にその話をしたら
アメ横へナッツを仕入れに行こうと私よりその話に食いついていました
そんなわけで我が家は7月からナッツ生活を継続中

先日もナッツが切れたのでアメ横へ。
いろんなナッツがたくさん並んでワクワクます♪

Ameyoko1006

予算もありますので、今回はカシューナッツと

Cashewnuts

ピスタチオのLサイズ(Mもあり)を購入しました。

Pistachio




カシューナッツはナッツの王様

Cashewnuts2



ピスタチオはナッツの女王でした(笑

Pistachio2

他のナッツがどんな地位なのか気になるところです。

わかり次第レポしたいと思います(´∀`)♪

| | コメント (4) | トラックバック (1)